2005年03月31日

厚生年金保険法

今日から厚生年金の講義に突入しました
国年と似たような感じやけど、経過措置が複雑すぎとちゃうか?
けどなんか序盤の用件の規定なんかは健保とそっくりやね

社民党で財政難を理由に解雇があったみたいやね
なんか「労働者の味方」っていわれてるらしいんやけどどうするやろ・・・( ̄- ̄ )
まぁ不法な手段でなければ問題ないんやろうけど

解雇された方たちには気の毒やけど、そういう時代なのだよ・・・

posted by サイコロ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

ブレヒト

架空の街セツアンに、3人の神様がやってきて、
たった一人の善人を見つけるためにひと夜の宿を探している。
が、みんな生きるのに精一杯、とめる余裕などなかったが、
ただ一人、貧しい娼婦のシュン・テだけはこころよく宿を提供するのであった・・・

posted by サイコロ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

3年B組

いや〜  金八先生の鼻水全開にはマイッタ・・・
特に印象的だったのが卒業式の後教室で生徒一人一人に
一文字の漢字を送るシーンで、なにかと問題ばっかり起こしてた
生徒のタ○ダとヤ○シのとこかな

〜以下回想

タ○ダ・・・卒業オメデトウ、キミにはこの漢字を送ろう
「悪」
亜というのは準じるという意味です、亜に心と書いて「悪」
これからも悪の限りを尽くしてください・・・( ̄ii ̄)

ヤ○シ・・・キミにはこの漢字だ
「金」
金八の金でもあるカネという字。コレはお金を表しています。
これからもカネの亡者として立派に育ってください・・・

そして少年院へ向かう途中のハ○オへ
・・・「髭」

たしかBGMは中島みゆきの「世情」でしたね?

posted by サイコロ at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

経過措置

国民年金法でイチバン面倒なのが経過措置かな?
例えばこんな問題

昭和28年2月12日生まれの一般男子であって、 厚生年金保険法の被保険者期間が通算して23年である者は、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたものとして取り扱われる。

本来ならば25年で要件を満たす老齢基礎年金の受給資格期間なのだが
法律が施行された時点ですでにある程度の年齢の方や、当初別々の
制度だった厚生年金等に加入していた人はは25年を満たす事が不可能
となる場合がある。そこで特例として期間の短縮制度がある。
なのでS28.2.12生まれの人は21年でOKなのだ :=3

悲しいけどコレ、おぼえるしかないのよね・・・ヽ(´∞`)ノ


posted by サイコロ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国会議員の場合

ちょっと前に話題になってた国会議員の国民年金

@S36.4.1〜S55.3.31の期間は対象外
AS55.4.1〜S61.3.31の期間は任意加入といって入っても入ってなくてもよい期間
BS61.4.1〜は第1号被保険者といって自営業の人と同じ扱いで強制被保険者になる。

国民年金法が制定されたのがS36.4.1からだからそれ以前は関係ない。
上記@Aは合算対象期間といって年金の受給に必要な25年の加入期間には
加算される。(カラ期間)
未納がどうのと騒がれてたのはBの期間のことですね。

国年はプチ歴史の勉強ですか?

posted by サイコロ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

世代間扶養

年金の大きな特徴がこの世代間扶養である。
これは現役世代が支払う保険料で受給世代の給付を賄うということで、
世代を超えて扶養するという意味である。
これと対極をなすのが積立方式で、自分の老後は自分で養うといった感じ。

両者とも一長一短があって、世代間扶養の方は人口構成の変化には弱いが、
経済変動には影響を受けないといった強みがある。
逆に積立方式だとインフレなんか起こると積み立てた金が紙切れ同然に
なってしまうというおそれもある。(・・・近代国家でそのようなことはないと思うけど)

我国ではでは、少子高齢化の進行が他国に比べて類を見ないくらい
ものすごいスピードで進んでいるらしいので、現行制度に対する問題点が
浮き彫りになってるのだと思うが、実は隠れた強みもあるということだ。

たいがいの会社って、現役の社員が爺さん連中を養ってるから世代間扶養
ちゅうことになるんか?それにしては恵まれた扶養されてるな、しかし・・・

posted by サイコロ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民年金法

今日から国民年金法の講義が始まります。
国民年金法 全5回
厚生年金法 全5回
の10回の講義がある意味「本丸」なのですです。
ここは気合入れていかんとアカンで、しかし

本試験まであと158日

posted by サイコロ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

健康保険法

健康保険法に突入しました
なんせ健保といったら昨年の本試験での忌まわしい記憶が蘇ってくる

まさに本日の講義は高額療養費のとこでT講師が自慢気に
「ここ出る出る・・・っていってたら平成16年にホントに出たんですね!」
その調子で平成17年も予想してくれ・・・

どうでもいいけど最近T講師の声がアムロの声に聞こえてしゃあない

posted by サイコロ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

黄犬契約

労働組合不加入または脱退を条件とする雇用契約のこと。
黄犬ってなんだろう・・・

posted by サイコロ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

財形貯蓄

やってる人はやっている財形
給与から天引きされて自動的に貯蓄を行うアレね
これにもちゃんと法律があり、勤労者財産形成促進法なんていう。

一般財形貯蓄の他に、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄がある。
いずれも長期間の契約が必要となり、終身雇用が崩壊し転職社会
へと変貌していく現在では意味のないものだろう。

日本は昔から終身雇用制度だったのだろうか?
答えはNOだ。 戦後の高度成長期あたりからそういう風潮になりだし、
それまではやはり転職社会だったのだ。
つまり様々な問題はあったのだけど全て経済で吸収できてたということ
なのではないのだろうか?

今日の終身雇用の崩壊には様々な要因が挙げられるが
・少子高齢化の人口構成
・経済情勢
・年功賃金
などが主なものだろう。

「経済がもたない時が来ているのだ ナゼそれがわからんのだ!」
・・・とサザビーのコックピットから

posted by サイコロ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。